金額的にもオススメな退職代行を5つだけ紹介。

退職代行

退職代行は甘えにならない理由3つ。1記事で全てを説明するよ。

2020-09-29

こじブログのこじ(@kojiblog1)です。

 

今回のお悩み

悩むペンギン
悩むペンギン

  • 退職代行が甘えって言われるのは何で?
  • 退職代行で辞めても甘えではないでしょ!
  • どんな人が退職代行を使うべき?
  • 退職代行を選ぶ時のポイントは?

 

退職代行が甘えと言われる理由・使っても甘えではない理由を、この記事で紹介していきます。

 

「僕は大卒後に4社経験しており、その経験から安心できる退職代行を紹介してます。退職代行は甘えではないので、安心して利用してほしいと思っています。」

 

退職代行に対して、悪いイメージを持つ人も多いですが、「ブラック企業が多いのも事実」なんですよね...。そこら辺のことも、記事内で説明しますね。

 

 今回の記事内容

  • 退職代行は甘えでない理由
  • 退職代行が卑怯だと言われる理由
  • 卑怯でも、退職代行を使うべき人
  • 退職代行で辞めても、社会で通用する理由
  • 退職代行を選ぶポイント

 

前半は「退職代行は甘えでない理由」、後半は「どんな人が退職代行を使うべきか?」などを説明しますよ。

 

ブログ飯を始めたい方はコチラ

仕事を辞めてブログ飯をしていきたい!という方はコチラ。

画像付きで20分程でブログを開設することができるように説明してます。

初心者でも、簡単にできるので安心してブログ生活をスタートできますよ!

ワードプレスでブログの作り方を15枚の画像で説明【20分で開設】

続きを見る

 

この記事を最後まで読めば、自分の意思で退職代行を使うか決められますよ。

 

教えるペンギン
コンサルペンギン
「まずは、"退職代行は、甘えにならない理由" から紹介します!」

 

※ 3~4分で読めるので、少しだけお時間をくださいませ。

 

退職代行は、甘えにならない3つの理由。

 

まずは、退職代行は甘えにならない理由を3つ説明しますね!

 

卑怯でない理由

  • 辞める権利は誰にでもある
  • 辞めさせない会社のが問題
  • 会社はあなたを守ってくれない

 

リアルな話ですが、一つずつ解説していきます。

 

教えるペンギン
コンサルペンギン
「退職代行は甘えではないですよ。」

 

理由①:辞めるのは個人の自由。

 

労働基準法で、退職の権利は誰にでもあります。

 

「2週間前に退職をつたえれば」辞めることができます。

 

こんな事例はNG

  • 退職受理がされない
  • 引き止めにあって辞めさせてくれない

 

教えるペンギン
コンサルペンギン
「辞める権利は、誰にでもあります。」

 

もし会社の都合でやめれないといった場合は、完全に労度基準法違反です。

 

理由②:辞めれない職場環境のほうが異常。

 

次にあげるのは、辞めれない職場の方が問題です。

 

なぜかというと、一人でも抜けたら回らなくなる状態にしている会社に問題ありです。

 

 会社に問題あり

  • 一人でも抜けたら回らない
  • 上司がパワハラで辞めれない

 

教えるペンギン
コンサルペンギン
「雰囲気の悪い会社では、社員も成長しません。」

 

このような状態であれば、「そもそも会社に問題あるので」退職代行で辞めるべきです。

 

理由③:会社はあなたを守らない。

 

最後は、会社はあなたを守ってはくれません。

 

つまり、経済が不況などになると、会社は社員をリストラにします。

 

 会社に尽くしても意味がない理由

  • 終身雇用の崩壊
  • 早期退職の募集

 

教えるペンギン
コンサルペンギン
「厳しい時代がきましたよね。」

 

会社は個人をまもらないので、ブラックであれば直ぐに辞めるべきです。

 

退職代行が甘えと言われる理由2つ。

 

少しだけ、退職代行が甘えという意見をみてみましょう。

 

 甘えと思う理由

  • 自分たちの時代の方が厳しかった説
  • 社会人としてのマナーがない説

 

おおまかに、2つの意見があると思いますので、みてみましょう。

 

教えるペンギン
コンサルペンギン
「時代は変わっているんですけどね。」

 

その①:自分たちの時代の方が厳しかった説

 

自分たちの時代は厳しかった!という意見。

 

たしかに、昔のほう職場環境が、厳しかったのは事実です。

 

時代は変わっている

  • 長時間労働の禁止
  • 残業時間の削減
  • 転職が当たり前の時代

 

「変化している時代についていけないと淘汰されます。」
教えるペンギン
コンサルペンギン

 

このように時代は、変化しており、退職代行で辞めるのも時代の流れです。

 

その②:社会人としてのマナーがない説

 

退職代行で辞めることへ社会人としてマナーがない!という人もいます。

 

なぜかというと、代行で辞めるのを伝えることに、納得がいかないからです。

 

例えばこんな事例

  • 自分で退職を言わないのがありえない
  • 自分で辞めれないなんて通用しない

 

「古い価値観を押し付ける方が問題です。」
教えるペンギン
コンサルペンギン

 

こんな意見があるかもですが、ブラックな環境を作っている会社に問題ありです。

 

甘えでも、退職代行をつかうべき人。

退職代行 金額 アイキャッチ画像

 

こんな状況であれば、甘えと言われても退職代行を使うべきです。

 

こんな人は使うべき

  • 引き止めで辞めれない
  • 退職受理がされない
  • パワハラ・セクハラにあってる

 

教えるペンギン
コンサルペンギン
「こんなケースは、会社が100%悪いです!」

 

ひとつずつ、解説をしていきます。

 

その①:引き止めで辞めれない。

 

引き止めで辞めれない場合は、退職代行をつかうべき。

 

会社は「その人を労働者としてしかみてない」ので、残ってもメリットがないからです。

 

例えばこんな事例

  • 給料をあげるから辞めないで欲しい
  • 人員が不足で辞めてほしくない

 

「この様な場合は、完全に会社都合になる場合が多いですよね。」
教えるペンギン
コンサルペンギン

 

会社は色々な理由をいってきますが、「全て無視をして退職代行を使う」のが無難です。

 

その②:退職届が受理されない。

 

悪質だと、退職届が受理されないもケースもあります。

 

もはや、法律違反ですし働いている人にとっても、精神的にデメリットばかりです。

 

法律違反の例

  • 退職届をうけとってくれない
  • 提出をしても受理がされない

 

「そんな会社にいても、未来はありません。」
教えるペンギン
コンサルペンギン

 

会社としてやってはいけないことですが、実際にこんなブラック企業も存在します。

 

その③:パワハラ・セクハラにあっている。

 

言語道断ですが、パワハラ・セクハラにあっている場合です。

 

退職代行を使うのは甘えではなく、それを認めている会社が100%悪いです。

 

パワハラ・セクハラ事例

  • 上司に卑猥なことをされる
  • 社長にいつも怒鳴られる
  • お局社員にいびられる

 

「絶対に許してはいけません。」
教えるペンギン
コンサルペンギン

 

人としてやってはいけないことですし、そんな会社は今すぐにでも辞めるべき。

 

▶︎ 新卒で退職代行を使いたいと悩んでいる、あなたが読む記事【重要】

 

退職代行を使っても、社会で通用する理由2つ。

退職代行のメリット

 

ここからは、退職代行を利用しても社会で通用する理由を紹介します。

 

社会で通用する理由

  • 言わなければ分からない
  • 個人情報保護法で守られている

 

退職代行を使ったら「人生終わりにならない」ので、安心してくださいね!

 

教えるペンギン
コンサルペンギン
「社会は厳しいは昔の言葉です。」

 

理由①:言わなければ分からない。

 

理由の1つ目は、退職代行を使ったことを言わなければバレません

 

通常の退職と同じ扱いになり、「一身上の都合により退職」と履歴書にかけるからです。

 

面接での説明

  • 退職受理がされなかったため
  • 深夜残業が続いていたため

 

「ネガティブに説明をしたらダメですよ。」
教えるペンギン
コンサルペンギン

 

もし理由を深くきかれても、「どうしようもなかったので、使わざるを得なかった」と風に説明しましょう。

 

▶︎ 退職代行で転職に不利にならない2つの理由。1記事で全て説明するよ。

 

理由②:その仕事が合っていなかっただけ。

 

そもそも、その仕事があなたに合っていなかっただけの場合もあります。

 

というのも、「仕事内容を変えただけで力を発揮する人」はたくさんいますよね。

 

キャリアチェンジ

  • 経理職 ⇒ 営業職
  • 接客業 ⇒ 接客業

 

「適材適所がありますよ。」
教えるペンギン
コンサルペンギン

 

このように、全然違う職種に変わるだけで、仕事内容もガラッと変わります。

 

退職代行を選ぶ、ポイントを2つ説明するよ。

退職代行 デメリット アイキャッチ

 

最後に少しだけ、退職代行を使うときのポイントを説明します。

 

ポイントは2つだけ

  • 実績を公表している
  • 弁護士監修・労働組合加入

 

上記の2つだけがポイントなので、是非チェックしてみてください。

 

教えるペンギン
コンサルペンギン
「トラブルに合わないためにも、必ずチェックです!」

 

ポイント①:実績を公表している。

 

実績を公開している退職代行を必ず選びましょう。

 

実績のない代行会社だと、辞めれないといったことにもなりかねません。

 

チェック方法

  • 退職実績を公開
  • 退職率を公開

 

「退職率は100%だとベストです!」
教えるペンギン
コンサルペンギン

 

しっかりと数字を公表している会社であれば、安心して使えると思います。

 

▶︎ 20代で4社経験した僕がオススメする退職代行と金額を紹介【厳選】

 

ポイント②:弁護士監修・労働組合加入

 

退職代行は、弁護士監修か労働組合加入しているところをチョイスしましょう。

 

その理由は、「トラブルに巻き込まれた時」に対応をしてくれるからです。

 

こんな場合でも

  • 離職届けが届かない
  • 有給消化を使いたい

 

「トラブル対策をしっかり考えましょうね!」
教えるペンギン
コンサルペンギン

 

実績のある退職代行であれば、こういったことにも対応をしてくれますよ。

 

まとめ:退職代行は甘えではなく、次へのステップ。

退職代行 後払い

 

ここまで、退職代行は甘えではない理由を説明しました。

 

最後におさらいをしましょう。

 

おさらいをします

  • 辞める権利は誰にでもある
  • 辞めさせない会社のが問題
  • 会社はあなたを守ってくれない

 

退職代行は甘え!と言われても、辞めるのは個人の権利であり自由です。

 

本当に悩んでいて、会社を辞めたい!と思っていたら、退職代行をつかうことも考えてみてくださいね。

 

この記事が参考になれば、少しでも参考になれば幸いです。

 

退職代行 金額 アイキャッチ画像
20代で4社経験した僕がオススメする退職代行と金額を紹介【厳選】

続きを見る

-退職代行

© 2021 Powered by AFFINGER5