退職代行 転職 不利 アイキャッチ

退職代行

退職代行で転職に不利にならない2つの理由。1記事で全て説明するよ。

2020-09-22

こじブログのこじ(@kojiblog1)です。

 

今回は、こんなお悩みを解決させていただきます。

 

今回のお悩み

悩むペンギン
悩むペンギン

  • 退職代行だと転職に影響って出る?
  • 転職に不利にならない方法は?
  • 転職サポートのある退職代行はどこ?

 

この記事では、「退職代行を使うと転職で不利になるのか?」「転職で不利にならない方法」などを詳しく説明をしますよ!

 

僕は大卒後に4社経験しており、その経験から安心して退職代行で辞める方法を紹介しています。

 

 今回の記事のまとめ

  • 退職代行は転職への影響がでない理由。
  • 退職代行で転職を成功させる方法。
  • 退職から転職までの流れ。
  • 転職フォローのある退職代行。

 

この記事では、最初に「退職代行は転職に影響がでない理由」、その後に「どうしたら転職を成功させられるか」を詳しく説明しますね!

 

ブログ飯を始めたい方はコチラ

仕事を辞めてブログ飯をしていきたい!という方はコチラ。

画像付きで20分程でブログを開設することができるように説明してます。

初心者でも、簡単にできるので安心してブログ生活をスタートできますよ!

ワードプレスでブログの作り方を15枚の画像で説明【20分で開設】

続きを見る

 

最後まで読んでいただければ、退職代行で辞めても安心して転職ができる理由自分にあった退職代行が分かりますよ。

 

教えるペンギン
コンサルペンギン
「それでは、退職代行で辞めても転職で不利にならない理由から説明しますね!」

 

※ 3〜4分くらいで読み終えられますよ!

 

退職代行は転職で不利にならない2つの理由。

退職代行 不利にならない理由

 

まず、退職代行で辞めても、転職に不利にならない理由を説明しますよ。

 

転職で不利にならない理由

  • 通常の退職と同じ扱いになる。
  • 個人情報保護法で守られている。

 

それでは、詳しく説明をさせていただきます!

 

理由①:通常の退職と同じ扱いになる。

 

退職代行で辞めても、通常と同じ退職の扱いになります。

 

その理由は、退職代行は辞める人の退職サポートをするだけなので、バックれなどの扱いにはなりません。

 

なので、履歴書にも「一身上の都合のため」と書くことができますよ。

 

教えるペンギン
コンサルペンギン
「事実、多くの人が退職代行で、辞めていますよ!」

 

退職代行を利用したからといって、懲戒解雇や懲戒免職にはならないので、安心してくださいね!

 

▶︎ 退職代行かバックレで辞めようと思ってるあなたへ。2つ解決策を提案。

 

理由②:個人情報保護法で守られているから。

 

日本では、法律で個人情報が保護されているので、退職代行を使ってもバレません。

 

個人情報保護法第16条

個人情報取扱事業者は、あらかじめ本人の同意を得ないで、前条の規定により特定された利用目的の達成に必要な範囲を超えて、個人情報を取り扱ってはならない。

参照:経済産業分野を対象とするガイドライン

 

法律の一部を紹介しますが、このように辞めた会社が退職者の退職理由を、「本人の同意無し」に伝えることができません。

 

教えるペンギン
コンサルペンギン
「日本では、労働者が守られているので、安心してくださいね。」

 

もし、退職代行をつかって退職した有無を、辞めた会社が漏らしたとすると、その企業のコンプライアンスが疑われます。

 

退職代行でも転職が不利にならないコツを2つ紹介。

退職代行 転職を成功させるポイント

 

ここでは、転職を成功させるためのポイントを2つ、ご紹介します。

 

転職を成功させるコツ2つ

  • 労働組合加入・弁護士が監修している
  • 転職サポートをしている

 

教えるペンギン
コンサルペンギン
「コツは、信頼できる退職代行をえらびましょう!」

 

上記2つを意識して、退職代行を選べば、安心して転職のフォローもしてくれますよ!

 

ポイント①:労働組合加入・弁護士が監修している。

 

退職代行で転職を成功させるコツの1つ目は、「労働組合加入・弁護士が監修している」です。

 

万が一、離職届けが辞めた企業から届かない!などとなったら、転職活動にも影響するからです。

 

退職代行ニコイチ・男の退職代行・わたしNEXTなどは「労働組合加入・弁護士監修」になります。詳しくは、下の項目で紹介しますね!

 

教えるペンギン
コンサルペンギン
「退職代行を選ぶ時は、トラブルにあっても大丈夫な退職代行を、選びましょう!」

 

ポイント②:転職エージェントと提携してる退職代行を選ぶ。

 

転職エージェントと繋がりがある、退職代行を選ぶのがポイントです。

 

その理由は、退職代行との繋がりがあるのでスムーズに転職のサポートをしてくれます。

 

有名な退職代行だと、「転職エージェントと提携している」ことが、ほとんどなので安心して使えると思います。

 

教えるペンギン
コンサルペンギン
「どの退職代行が転職エージェントとつながってるか、下の項目で紹介します!」

 

ポイント③:面接でバレても、ネガティブには言わない。

 

もし面接で退職代行を使ったことが、「バレてもネガティブに言わない」ことが重要です。

 

面接官にネガティブな印象を与えてしまうと、転職もうまくいかなくなるからです。

 

こんな風に伝えよう...

  • 上司の引き止めで辞めれなかった。
  • 辞める意思を伝えたが受理されなかった。

 

教えるペンギン
コンサルペンギン
「あくまでも、退職代行でなければ、辞めれなかったことを伝えるのがポイント。」

 

上記のように、自分の意思ではどうすることもできなかったことを面接官に伝えましょう。

 

退職から転職までの流れ。

退職から転職までの流れ。

 

ここでは、退職代行をつかって辞めて、その後の転職活動までの流れを、ザックリ説明しますね!

 

サービスの流れ

  • 退職代行を利用
  • 転職エージェントを利用

 

基本的には、この2つのステップだけです。

 

教えるペンギン
コンサルペンギン
「すぐに理解できると思いますよ!」

 

ステップ①:退職代行を利用。

 

最初のステップは、退職代行を利用しましょう。

 

その時に、「転職エージェントと提携・弁護士監修か労働組合加入してる」代行会社を選んでくださいね!

 

基本のステップ

  • 退職代行にラインなどで連絡。
  • 入金をする。
  • 退職代行を実行。
  • 退職が完了。

 

退職代行を使うと、基本的に上記の流れで退職手続きをしてくれます。

 

教えるペンギン
コンサルペンギン
「退職代行によっては、アフターフォローをしてくれるところもあります!」

 

ステップ②:転職エージェントを利用。

 

退職が決まったら、転職エージェントで転職活動をします。

 

基本のステップ

  • 提携している転職エージェントに連絡
  • 履歴書の作成
  • エージェント経由で応募
  • 面接の実施
  • 内定の受け取り

 

退職代行と提携があるエージェントであれば、スムーズに転職活動をすることができます。

 

教えるペンギン
コンサルペンギン
「通常の転職と同じように、新しい仕事をみつけますよ。」

 

なので、退職代行を決めるときは、どの転職エージェントと提携しているか、必ずチェックです!

 

転職エージェントと連携してる、退職代行を紹介。

退職から転職までの流れ。

 

最後に、実績もあり転職エージェントと提携のある、退職代行を紹介しますね!

 

おすすめの退職代行

  • 退職代行ニコイチ
  • 辞めるんです
  • 男の退職代行
  • わたしNEXT

 

上記でご紹介した退職代行は、実績もあり信頼のできる転職エージェントに繋いでくれますよ

 

下記でも、安心して使える退職代行を紹介していますので、是非チェックしてみてくださいね!

 

▶︎ 20代で4社経験した僕がオススメする退職代行と金額を紹介【厳選】

 

教えるペンギン
コンサルペンギン
「上記は、労働組合に加入・弁護士監修になるので、安心して利用できますよ!」

 

まとめ:転職サポートのある退職代行で、不利にならないよう辞めよう!

まとめ:退職代行 転職 不利

 

ここまで、退職代行で辞めても、転職で不利にならない理由を説明しました。

 

もう一度、おさらいをしましょう!

 

ポイント

  • 通常の退職と同じ扱いになる。
  • 個人情報保護法で守られている。
  • 労働組合加入・弁護士監修の代行会社を選ぶ。
  • 転職エージェントと提携しているところが安心。

 

上記をポイントに、退職代行を選んでいただければ、次の職場もスムーズに見つけることができますよ。

 

この記事が退職代行を使おうか、悩んでいる方の役にたてば、幸いでございます。

 

下記の記事も、是非チェックにしてみてくださいね。

 

退職代行 金額 アイキャッチ画像
20代で4社経験した僕がオススメする退職代行と金額を紹介【厳選】

-退職代行

© 2021 Powered by AFFINGER5