退職代行 アイキャッチ画像

退職代行

退職代行かバックレで辞めようと思ってるあなたへ。2つ解決策を提案。

こじブログのこじ(@kojiblog1)です。

 

今回のお悩み

うつ病の新卒
うつ病気味の新卒

  • 退職代行かバックレで悩んでる。
  • 円満退職で辞める方法は?
  • 円満退職のデメリット・メリット?
  • 退職代行で辞める方法は?
  • 退職代行のデメリット・メリット?

 

本記事は、「退職代行かバックレか」で会社を辞めようか悩んでいる、あなたへの記事になります。

 

僕自身も、会社を2回転職しているので、いかに会社を辞めるのが面倒かそしてバックレたいかという気持ち、すごく分かりますよ。

 

そんな方へ、今回は下記をまとめさせていただいています。

 

 今回の記事内容

  • バックレると起こるデメリット。
  • バックレないで円満退職する方法。
  • 円満退職のメリット・デメリット。
  • 退職代行を使いバックレずに辞める方法。
  • 退職代行のメリット・デメリット。

 

最後まで読めば、どうやって辞めるのが一番自分にベストか、分かると思いますよ。

 

教えるペンギン
コンサルペンギン
それでは、「退職代行かバックレで辞めようか考えているあなたへ」から説明しますね。

 

ブログ飯を始めたい方はコチラ

仕事を辞めてブログ飯をしていきたい!という方はコチラ。

画像付きで20分程でブログを開設することができるように説明してます。

初心者でも、簡単にできるので安心してブログ生活をスタートできますよ!

ワードプレスでブログの作り方を15枚の画像で説明【20分で開設】

続きを見る

 

※ 5分くらいで終わるので、是非参考にしてみてください。

 

退職代行かバックレで会社を辞めようと思っている、あなたへ。

ばっくれで辞めたいあなたへ

 

いきなりですが、会社はバックレで辞めるべきではありません。

 

その理由は、色々なリスクがあるからです。

 

バックレることのリスク

  • 懲戒免職・懲戒解雇になる。
  • 親への安否確認がいく。
  • 有給消化が使えない。
  • 退職書類を受け取れない。
  • 損害賠償を請求される。

 

バックレで辞めると、周りへの迷惑だけでなく、経歴に傷もつきます。

 

教えるペンギン
コンサルペンギン
「将来的なことも考えると、よっぱどのことがない限り、円満退職か退職代行をつかい、辞めることをオススメします。」

 

それでは、ひとつずつ説明しますね!

 

その①:懲戒免職・懲戒解雇になる。

 

バックレで辞めると懲戒免職・懲戒解雇の対象になります。

 

事業主が会社の秩序を乱した労働者に対して課すことができる制裁罰の一つです。

参照:エン転職

 

つまり、「犯罪・長期の無断欠勤・会社の金品横領など」で、クビになるということです。

 

懲戒解雇になると、退職金が支払われない失業保険が制限される解雇予告手当がもらえない退職理由を正直に書けないといった、デメリットが起こります。

 

教えるペンギン
コンサルペンギン
懲戒解雇・懲戒免職になると、それだけのリスクがあるということを覚えといてください。

 

その②:親への安否確認がいく。

 

バックレをすると、会社から身元保証人などに安否確認がいきます。

 

突然こなくなると「事故に巻き込まれた?」や「犯罪に巻き込まれた?」などを心配するからです。

 

親などの身元保証人などにも、バックレたことは必ず伝わるので、バックレるといいことはないですね...。

 

その③:有給消化が使えない。

 

労働者の権利である「有給消化を使えない可能性がたかい」です。

 

なぜかというと、「辞める2週間前に退職する意思」を伝えないといけません。バックレると、有給を使うことができなくなる懸念があります。

 

教えるペンギン
コンサルペンギン
もし有給を使いたいということであれば、退職の2週間前までには、有給を使っておくのがベスト。

 

どんな理由であれ、バックレるけど有給は全部使いたいという理由は、通らないことが多いことを覚えといてください。

 

その④:退職資料がもらえない。

 

バックレると、離職届などの退職資料がもらえなくなる場合が多いです。

 

離職届は、失業保険を受け取るのに必要な書類になります。それに次の転職先でも、必要になることもあります。

 

退職届を受け取れないと、次のステップに進む時に多くの問題が、起こることが多いので注意です。

 

その⑤:損害賠償を請求される可能性がある。

 

会社の業務を放棄しバックレると、損害賠償を請求される可能性があります。

 

バックレが原因で、会社に多大な被害がでれば、会社は債務不履行に基づく損害賠償請求(民法415条)が可能になります。

 

よっぽどではない限り、発生しないことが多いですが、公務員や大きなプロジェクトに関与している場合、その懸念があります。

 

教えるペンギン
コンサルペンギン
最悪の場合、訴えられる可能性があるのは、かなりのリスクですね...。

 

バックレないで、円満退職する方法。

ばっくれないで円満退職辞める方法

 

それでは、バックレずに円満退職する方法を説明します。

 

円満退職する口実

  • 夢があると伝える。
  • 家庭の事情と伝える。
  • 健康上の理由でと伝える。

 

それでは、説明していきます。

 

理由①:夢があるとつたえる。

 

夢があるから辞めたい、という理由は一番辞めやすい口実です。

 

夢があるという理由は、次のステップに進む理由になり、上司もすんなり受け入れてくれる場合が多いです。

 

教えるペンギン
コンサルペンギン
私も最初のインターンシップ先を退職するのに、「夢があるから辞めたい」と伝えました。

 

前向きな理由であれば、ネガティブな印象を与えることもないので、オススメです。

 

理由②:家庭の事情とつたえる。

 

家庭の事情で辞めるという、理由もオススメです。

 

「親のめんどうを看病」や「介護をしないといけない」等であれば、会社も理解してくれる可能性が高いからです。

 

事実、日本の高齢化は進行しているので、しょうがないことでもあると思います。

 

高齢化社会

参照:GD GREAK!

 

ペンギン
ペンギン
事実、年々高齢化に拍車がかかていますしね...。

 

家庭の事情で辞める理由は、上司も認めてくれやすい口実になりますよ。

 

理由③:健康上の理由とつたえる。

 

健康上の都合で辞めざるを得ないも、口実として使えます。

 

仕事つづけるのが困難であれば業務に支障がでるので、辞めることを了承してくれるパターンが多いからです。

 

「腰痛がひどい」「立ち眩みが直らない」など症状がひどすぎる場合は、仕事に支障が出る場合が多いですよね。

 

教えるペンギン
コンサルペンギン
ただ体調不良での退職は口実としては、少し難しいかもですね...。

 

円満退職のメリット・デメリット。

ばっくれのメリットデメリット

 

それでは、円満退職のメリット・デメリットを紹介します。

 

円満退職のデメリット・メリット

  • 円満退職のデメリット
  • 円満退職のメリット

 

教えるペンギン
コンサルペンギン
まずは、デメリットから見ていきましょう。

 

それでは、ひとつずつ説明します。

 

円満退職のデメリット。

 

円満退職のデメリット紹介します。

 

円満退職のデメリット

  • 退職までに引継ぎなどが必要。
  • 関係者へのあいさつがいる。

 

円満退職は、退職までに時間がかかるのがデメリット。引継ぎ資料を作成したり、関係者へのあいさつをしたりと、やることが多いですよね。

 

教えるペンギン
コンサルペンギン
退職前に、引継ぎ資料を作成するのは、めんどくさいです...。

 

円満退職のメリット。

 

円満退職のメリットを紹介します。

 

円満退職のメリット

  • いざこざなく辞めれる。
  • 辞めても人間関係は良好。

 

円満退職の一番のメリットは、人間関係ですよね。辞めるまでは大変ですが、退職後も良い人間関係を保つことができます

 

教えるペンギン
コンサルペンギン
退職後も人間関係が続く人は、円満退職がマストですよ!

 

退職代行を使いバックレずに辞める方法。

退職代行でばっくれないで辞める

 

退職代行で辞める方法をおつたえします。

 

退職代行で辞める方法

  • 退職代行を選ぶ。
  • 退職日をつたえる。

 

ペンギン
ペンギン
基本的には、この2つだけですね。

 

それでは、一緒に見ていきましょう!

 

ステップ①:退職代行を選ぶ。

 

まずは、退職代行を選ぶ必要があります。

 

退職代行

 

教えるペンギン
コンサルペンギン
上記は、安心して使える退職代行ですよ。

 

退職代行は、LINEで連絡でき、直ぐ使えるのが特徴ですよ!

 

ステップ②:退職日をつたえる。

 

退職代行に連絡したら、希望の退職日をつたえます。

 

退職代行を使うと「決めた日に退職代行が会社に連絡してくれる」ので、即日退職が可能です。

 

退職日以降は、退職代行会社が合法的に退職の手続きをしてくれます。即日で辞めても、よっぽどのことがない限り、損害賠償などをリスクは低いです。

 

教えるペンギン
コンサルペンギン
「煩わしいことを一切、対応しなくていいので、すぐ退職したい人にとっては良いサービスですよね。」

 

退職代行のメリット・デメリット。

退職代行のメリットデメリット

 

退職代行を使って辞める、メリット・デメリットを紹介します。

 

円満退職のデメリット・メリット

  • 退職退職のデメリット
  • 退職退職のメリット

 

教えるペンギン
コンサルペンギン
デメリットから見ていきます!

 

退職代行のデメリット。

 

退職代行のデメリット紹介します。

 

 退職のデメリット

  • 人間関係をブッチする。

 

退職代行を使うと、ある日突然に会社にいかなくなるので、会社の人との関係性を全て断ち切ることになります。

 

教えるペンギン
コンサルペンギン
つまり、退職後も人間関係がある人は、円満に辞めることをオススメします...。

 

退職代行のメリット。

 

退職代行のメリットを紹介します。

 

円満退職のメリット

  • 煩わしい手続きをしなくてOK。
  • 嫌な上司に挨拶しなくてOK。
  • 転職サポートがある退職代行もある。

 

退職代行を使うと、即日で会社を辞めることができるので、ストレスフリー。退職後の転職サポートをしてくれるところもあります。

 

教えるペンギン
コンサルペンギン
嫌なことは全て退職代行に丸投げして、次のステップに進めますよ。

 

まとめ:辞める時は、バックレではなく退職代行を使うべき!

退職代行まとめ

 

そここまでバックレと退職代行の比較をしました。

 

下記でもう一度おさらいをしましょう。

 

  • バックレは懲戒免職・解雇になる。
  • 退職は円満退職がベスト。
  • バックれるなら、退職代行を使おう。

 

バックレると、会社に迷惑をかけるだけではなくて、今後のキャリアへも悪影響になります。

 

何が何でも、会社の上司に会わずに辞めるのであれば、最終手段で退職代行をつかいましょう。

 

退職代行

 

上記の退職代行であれば、安心してサービスを利用できるので、参考にして下さいね。

 

会社をバックレようと思っていた方の、参考になれば幸いです。

 

それでは。

-退職代行

© 2021 Powered by AFFINGER5